サプライチェーン業務がどんなに複雑または単純なものであっても、高度な統合インターフェースにより、制御と可視性を向上させます。 

複数のグループの人々が異なるシステム、場所、言語、通貨で作業している場合、質の低い出荷データを作成したり、時間のかかる手作業による回避策を講じなければならないリスクがあります。

政府機関やサードパーティのシステム、顧客、パートナーなどとの柔軟で包括的な統合により、生産性と効率性を向上させることができます。

通常の環境として御社のビジネスを再考し、より少ない労力でより多くのことを今すぐ行うことができます。

統合機能がサプライチェーン全体に渡るデータの共有を促進します。

 

モジュール

データは人手をかけずにプラットフォーム全体を移動するため、仕出地から仕向地までの複雑な出荷プロセスの管理と自動化に役立ちます。

 

政府機関のシステム

データは政府機関や規制当局に自動的に送信されるため、コンプライアンス違反のリスクや、国境をまたぐ貨物の通関に要する時間を低減することができます。

 

サードパーティーのシステム

サードパーティとの柔軟性ある統合により、複数のシステムに渡る時間のかかるデータ入力を減らし、重要な物流および業務プロセスのスピードアップに貢献します。  

 

顧客

常に一歩先を行き、御社の顧客に商品、オーダー、または出荷の状況に関するリアルタイムのデータへの可視性とアクセスを提供します。 

 

パートナー 

パートナーやサードパーティの代理店とデータやステータスの更新を簡単に交換できるため、貨物の遅延や混乱の可能性を最小限に抑えることができます。 

 

地理的要素

すべての関係者がどこにいても、同じデータベース上の同じ情報に同時にアクセスできることで、大幅な生産性向上を実現します。

CargoWiseの高度な統合インターフェースについての詳細を確認する


スケジュール、フィード、eBooking、業務データ交換など、航空会社とCargoWiseを直接接続するメリットをご覧ください。


通関業務と倉庫業務を統合し、保税倉庫の在庫の動きすべてを高度な単一画面で確認できます。


物流サービスプロバイダー、海上キャリアおよび航空キャリアにダイレクトに接続でき、御社の業務の効率と精度を向上させます。

CargoWiseの優位性について詳しく知る

お問い合わせください

CargoWiseがどのようにサプライチェーンを解放するサポートを行うかをご確認ください。

 

お問い合わせ