データ品質の改善

データ入力とカスタマーインターフェイスの自動化で精度が向上します。ビジネスの成長に合わせて運用を最適化しやすくします。

 

プロセスの合理化

自動化ツールで適切な時間に適切なジョブをリリースし、DIFOT(全数納期順守)の数値が向上します。

 

完全な透明性

可視性が高まることで、季節的要因による変化やビジネスの成長、大口顧客の管理に合わせた倉庫業務の調整が可能になります。

Features

システムが倉庫への出入庫といった各貨物の動きを記録して、在庫の監査証跡を作成します。

保税倉庫とFTZ(自由貿易地域)が現地の税関の規則や規制に従って在庫を保管し流通させているという安心感を提供します。

在庫レベルと商品の移動を監視し、オーダーステータスをリアルタイムで確認できます。

保管場所を問わず在庫を360度の視点で確認できます。これにより必要に応じて在庫を流通させることができ、商品の計画および分配が改善できます。

クライアント別の取り扱いおよび保管用レート表が設定でき、各ジョブに自動的に料金を適用をできます。

製品をスキャンしてカートン梱包に入れ、連番の出荷コンテナコード(SSCC)でラベル付けします。ラベルはキャリアの仕様に従って自動作成されるので、誤配送や配送遅延の可能性を減ります。

CargoWiseにおける倉庫業務を確認

CargoWiseの優位性

CargoWiseがモードや国境を越えて御社のグローバル・サプライチェーン最適化を実現する方法をご覧ください。

 

Learn more